多くの先輩方が築いて頂いた故郷・都城を、今度は我々が新しい都城を創り上げ、次の子どもたちやお孫さんたちに引き継いでいきたい。

多くの先輩方が築いて頂いた故郷・都城を、今度は我々が新しい都城を創り上げ、次の子どもたちやお孫さんたちに引き継いでいきたい。

多くの先輩方が築いて頂いた故郷・都城を、今度は我々が新しい都城を創り上げ、次の子どもたちやお孫さんたちに引き継いでいきたい。

池田宜永(いけだ たかひさ)プロフィール

昭和46年4月7日生まれ
都城市菖蒲原町出身 現在、若葉町にて家族4人で暮らす

●学歴

東小・妻ヶ丘中・都城泉ヶ丘高校卒業

(小中高と10年間、野球部)
九州大学経済学部経済学科卒業
東京大学大学院経済学研究科修士課程修了

●主な経歴
  平成6年4月 大蔵省入省
  17年4月 外務省在オーストラリア日本国大使館一等書記官
  19年4月 都城市副市長(総括担当)
  22年7月 財務省主計局農林水産第二係主査
 (林野庁・水産庁予算総括)
  24年11月 宮崎県都城市長

池田宜永(いけだ たかひさ)プロフィール

昭和46年4月7日生まれ
都城市菖蒲原町出身 現在、若葉町にて家族4人で暮らす

●学歴

東小・妻ヶ丘中・都城泉ヶ丘高校卒業

(小中高と10年間、野球部)
九州大学経済学部経済学科卒業
東京大学大学院経済学研究科修士課程修了

●主な経歴
  平成6年4月 大蔵省入省
  17年4月 外務省在オーストラリア日本国大使館一等書記官
  19年4月 都城市副市長(総括担当)
  22年7月 財務省主計局農林水産第二係主査
 (林野庁・水産庁予算総括)
  24年11月 宮崎県都城市長

池田宜永(いけだ たかひさ)プロフィール

昭和46年4月7日生まれ
都城市菖蒲原町出身 現在、若葉町にて家族4人で暮らす

●学歴

東小・妻ヶ丘中・都城泉ヶ丘高校卒業

(小中高と10年間、野球部)
九州大学経済学部経済学科卒業
東京大学大学院経済学研究科修士課程修了

●主な経歴
  平成6年4月 大蔵省入省
  17年4月 外務省在オーストラリア日本国大使館一等書記官
  19年4月 都城市副市長(総括担当)
  22年7月 財務省主計局農林水産第二係主査
 (林野庁・水産庁予算総括)
  24年11月 宮崎県都城市長

池田たかひさ

市民の皆さん一人ひとりへの7つの約束

約束① 安心安全なまちづくり
新燃岳噴火や口蹄疫などの災害に負けない、強いまちづくりを進めます。
<具体策>
○ “市民の命を守る”ことを第一に、新燃岳噴火に対して万全の備えを行います。
○ 口蹄疫・鳥インフルエンザに対する防疫体制を確立し、“牛・豚・鶏肉生産日本一・都城”を守ります。
○ 震災・津波発生時には県の防災拠点となる都城。地域防災の観点から必要不可欠な“都城志布志道路の早期全線開通”に向けて、積極的に取り組んでいきます。

 

約束② 農林畜産業支援
都城の基幹産業は“農林畜産業”! 農林水産省とのパイプを活かし、六次産業化の推進などにより農林畜産業を活性化し、旧4町を含めた都城全体の経済発展を図ります。
<具体策>
○ 農林水産省・林野庁との太いパイプを最大限に活用し、六次産業化の推進や後継者育成、森林・林業再生プランの推進などにより農林畜産業の所得向上を図り、“日本の食糧供給基地・都城”をさらに拡大し、旧4町を含めた都城圏域全体の経済発展を図ります。
○ 農林畜産業の活性化にも必要不可欠な“都城志布志道路の早期全線開通”に向けて、積極的に取り組んでいきます。

 

約束③ 地場産業支援
“地場産業の育成・活性化”なくして地域の発展なし!
産・学・官の知恵と力を結集し、地場産業の育成・活性化を図ります。

<具体策>
○ 中心市街地の活性化に向けた地元経済界の取組みを支援します。
○ 雇用創出ゾーンを平成26年度までに着実に整備し、新たな雇用創出を図っていきます。
○ スポーツ・文化活動合宿を年に40団体誘致し、地域経済の活性化と都城の認知度アップに取り組みます。

 

約束④ “人創り”のための教育支援
まちづくりの基本は“人創り”!人創りのための『教育』を強力に支援し、公民館を中心とした地域活動とも連携し、市民の皆さんが常に学び成長できる環境をつくります。
<具体策>
○ “ふるさと・都城”に誇りを持ちながら世界に羽ばたく子どもたちを育成するため、基礎学力の向上はもちろんのこと、特に、ALTの人数を倍増するなどして英語教育の充実を図っていきます。
○ 子どもたちの郷土愛を醸成し、人間力の向上を図るため、郷土教育・地域教育を推進します。
○ 校舎の耐震化などを計画的に進め、地域コミュニティの“核になる施設=笑顔の源泉”である小中学校の安心安全を確保します。
○ 市民の皆さん一人ひとりが常に学び成長できるよう、生涯学習をパックアップします。

 

約束⑤ スポーツ・文化活動支援
『教育』を両サイドから支えるのが“スポーツ・文化”!市民の皆さんが健康な体と豊かな心を育むことができるよう、スポーツ・文化活動の推進を図ります。
<具体策>
○ 中長期的な視点からのスポーツ・文化施設の整備などを含めた取組みにより、広くスポーツ・文化活動の推進を図り、市民の皆さん一人ひとりが健康な体と豊かな心を育むことができるように取り組みます。
○ 市立図書館・小中学校図書館の図書の充実や小学校図書館へのサボーター配置などに取り組み、こどもから大人まで本に親しむ環境づくりを行います。

 

約束⑥ 医療・福祉・子育て支援
地域の発展の原動力は、そこに住む“人の力”!
市民の皆さんの命を守り、子育て支援を行うことにより、子どもから高齢者まで誰もが安心して暮らせるまちをつくります。

<具体策>
○ 平成26年度末までに健康医療ゾーン整備事業を計画的に実施し、新しい市郡医師会病院・救急医療センター・健康サービスセンターの開院に向けた取組みを着実に進め、都城圏域の医療・福祉の更なる充実を図っていきます。
○ “治療から予防へ”。子どもから高齢者まで、市民の皆さん一人ひとりが健やかに生活を送るための健康づくりを推進します。
○ こども基金なども活用し、子育て世帯に対して積極的に支援を行います。

 

約束⑦ 行財政改革
“健全な財政”は地域発展の第一歩!
子どもたちや孫たちにツケを回さないよう、健全な財政運営を行います。

<具体策>
○ 財政健全化4指標の目標値を確保します。
○ 市民サービスを維持・向上させながら、市職員を5年間で140人削減します。
○ 子どもたちや孫たちに「ツケ」を回さないよう、効率的な予算編成システムを確立し、中長期的な視点を踏まえながら、“健全な”財政運営を行います。

池田たかひさ

市民の皆さん一人ひとりへの7つの約束

約束① 安心安全なまちづくり
新燃岳噴火や口蹄疫などの災害に負けない、強いまちづくりを進めます。
<具体策>
○ “市民の命を守る”ことを第一に、新燃岳噴火に対して万全の備えを行います。
○ 口蹄疫・鳥インフルエンザに対する防疫体制を確立し、“牛・豚・鶏肉生産日本一・都城”を守ります。
○ 震災・津波発生時には県の防災拠点となる都城。地域防災の観点から必要不可欠な“都城志布志道路の早期全線開通”に向けて、積極的に取り組んでいきます。

 

約束② 農林畜産業支援
都城の基幹産業は“農林畜産業”! 農林水産省とのパイプを活かし、六次産業化の推進などにより農林畜産業を活性化し、旧4町を含めた都城全体の経済発展を図ります。
<具体策>
○ 農林水産省・林野庁との太いパイプを最大限に活用し、六次産業化の推進や後継者育成、森林・林業再生プランの推進などにより農林畜産業の所得向上を図り、“日本の食糧供給基地・都城”をさらに拡大し、旧4町を含めた都城圏域全体の経済発展を図ります。
○ 農林畜産業の活性化にも必要不可欠な“都城志布志道路の早期全線開通”に向けて、積極的に取り組んでいきます。

 

約束③ 地場産業支援
“地場産業の育成・活性化”なくして地域の発展なし!
産・学・官の知恵と力を結集し、地場産業の育成・活性化を図ります。

<具体策>
○ 中心市街地の活性化に向けた地元経済界の取組みを支援します。
○ 雇用創出ゾーンを平成26年度までに着実に整備し、新たな雇用創出を図っていきます。
○ スポーツ・文化活動合宿を年に40団体誘致し、地域経済の活性化と都城の認知度アップに取り組みます。

 

約束④ “人創り”のための教育支援
まちづくりの基本は“人創り”!人創りのための『教育』を強力に支援し、公民館を中心とした地域活動とも連携し、市民の皆さんが常に学び成長できる環境をつくります。
<具体策>
○ “ふるさと・都城”に誇りを持ちながら世界に羽ばたく子どもたちを育成するため、基礎学力の向上はもちろんのこと、特に、ALTの人数を倍増するなどして英語教育の充実を図っていきます。
○ 子どもたちの郷土愛を醸成し、人間力の向上を図るため、郷土教育・地域教育を推進します。
○ 校舎の耐震化などを計画的に進め、地域コミュニティの“核になる施設=笑顔の源泉”である小中学校の安心安全を確保します。
○ 市民の皆さん一人ひとりが常に学び成長できるよう、生涯学習をパックアップします。

 

約束⑤ スポーツ・文化活動支援
『教育』を両サイドから支えるのが“スポーツ・文化”!市民の皆さんが健康な体と豊かな心を育むことができるよう、スポーツ・文化活動の推進を図ります。
<具体策>
○ 中長期的な視点からのスポーツ・文化施設の整備などを含めた取組みにより、広くスポーツ・文化活動の推進を図り、市民の皆さん一人ひとりが健康な体と豊かな心を育むことができるように取り組みます。
○ 市立図書館・小中学校図書館の図書の充実や小学校図書館へのサボーター配置などに取り組み、こどもから大人まで本に親しむ環境づくりを行います。

 

約束⑥ 医療・福祉・子育て支援
地域の発展の原動力は、そこに住む“人の力”!
市民の皆さんの命を守り、子育て支援を行うことにより、子どもから高齢者まで誰もが安心して暮らせるまちをつくります。

<具体策>
○ 平成26年度末までに健康医療ゾーン整備事業を計画的に実施し、新しい市郡医師会病院・救急医療センター・健康サービスセンターの開院に向けた取組みを着実に進め、都城圏域の医療・福祉の更なる充実を図っていきます。
○ “治療から予防へ”。子どもから高齢者まで、市民の皆さん一人ひとりが健やかに生活を送るための健康づくりを推進します。
○ こども基金なども活用し、子育て世帯に対して積極的に支援を行います。

 

約束⑦ 行財政改革
“健全な財政”は地域発展の第一歩!
子どもたちや孫たちにツケを回さないよう、健全な財政運営を行います。

<具体策>
○ 財政健全化4指標の目標値を確保します。
○ 市民サービスを維持・向上させながら、市職員を5年間で140人削減します。
○ 子どもたちや孫たちに「ツケ」を回さないよう、効率的な予算編成システムを確立し、中長期的な視点を踏まえながら、“健全な”財政運営を行います。

池田たかひさ

市民の皆さん一人ひとりへの7つの約束

約束① 安心安全なまちづくり
新燃岳噴火や口蹄疫などの災害に負けない、強いまちづくりを進めます。
<具体策>
○ “市民の命を守る”ことを第一に、新燃岳噴火に対して万全の備えを行います。
○ 口蹄疫・鳥インフルエンザに対する防疫体制を確立し、“牛・豚・鶏肉生産日本一・都城”を守ります。
○ 震災・津波発生時には県の防災拠点となる都城。地域防災の観点から必要不可欠な“都城志布志道路の早期全線開通”に向けて、積極的に取り組んでいきます。

 

約束② 農林畜産業支援
都城の基幹産業は“農林畜産業”! 農林水産省とのパイプを活かし、六次産業化の推進などにより農林畜産業を活性化し、旧4町を含めた都城全体の経済発展を図ります。
<具体策>
○ 農林水産省・林野庁との太いパイプを最大限に活用し、六次産業化の推進や後継者育成、森林・林業再生プランの推進などにより農林畜産業の所得向上を図り、“日本の食糧供給基地・都城”をさらに拡大し、旧4町を含めた都城圏域全体の経済発展を図ります。
○ 農林畜産業の活性化にも必要不可欠な“都城志布志道路の早期全線開通”に向けて、積極的に取り組んでいきます。

 

約束③ 地場産業支援
“地場産業の育成・活性化”なくして地域の発展なし!
産・学・官の知恵と力を結集し、地場産業の育成・活性化を図ります。

<具体策>
○ 中心市街地の活性化に向けた地元経済界の取組みを支援します。
○ 雇用創出ゾーンを平成26年度までに着実に整備し、新たな雇用創出を図っていきます。
○ スポーツ・文化活動合宿を年に40団体誘致し、地域経済の活性化と都城の認知度アップに取り組みます。

 

約束④ “人創り”のための教育支援
まちづくりの基本は“人創り”!人創りのための『教育』を強力に支援し、公民館を中心とした地域活動とも連携し、市民の皆さんが常に学び成長できる環境をつくります。
<具体策>
○ “ふるさと・都城”に誇りを持ちながら世界に羽ばたく子どもたちを育成するため、基礎学力の向上はもちろんのこと、特に、ALTの人数を倍増するなどして英語教育の充実を図っていきます。
○ 子どもたちの郷土愛を醸成し、人間力の向上を図るため、郷土教育・地域教育を推進します。
○ 校舎の耐震化などを計画的に進め、地域コミュニティの“核になる施設=笑顔の源泉”である小中学校の安心安全を確保します。
○ 市民の皆さん一人ひとりが常に学び成長できるよう、生涯学習をパックアップします。

 

約束⑤ スポーツ・文化活動支援
『教育』を両サイドから支えるのが“スポーツ・文化”!市民の皆さんが健康な体と豊かな心を育むことができるよう、スポーツ・文化活動の推進を図ります。
<具体策>
○ 中長期的な視点からのスポーツ・文化施設の整備などを含めた取組みにより、広くスポーツ・文化活動の推進を図り、市民の皆さん一人ひとりが健康な体と豊かな心を育むことができるように取り組みます。
○ 市立図書館・小中学校図書館の図書の充実や小学校図書館へのサボーター配置などに取り組み、こどもから大人まで本に親しむ環境づくりを行います。

 

約束⑥ 医療・福祉・子育て支援
地域の発展の原動力は、そこに住む“人の力”!
市民の皆さんの命を守り、子育て支援を行うことにより、子どもから高齢者まで誰もが安心して暮らせるまちをつくります。

<具体策>
○ 平成26年度末までに健康医療ゾーン整備事業を計画的に実施し、新しい市郡医師会病院・救急医療センター・健康サービスセンターの開院に向けた取組みを着実に進め、都城圏域の医療・福祉の更なる充実を図っていきます。
○ “治療から予防へ”。子どもから高齢者まで、市民の皆さん一人ひとりが健やかに生活を送るための健康づくりを推進します。
○ こども基金なども活用し、子育て世帯に対して積極的に支援を行います。

 

約束⑦ 行財政改革
“健全な財政”は地域発展の第一歩!
子どもたちや孫たちにツケを回さないよう、健全な財政運営を行います。

<具体策>
○ 財政健全化4指標の目標値を確保します。
○ 市民サービスを維持・向上させながら、市職員を5年間で140人削減します。
○ 子どもたちや孫たちに「ツケ」を回さないよう、効率的な予算編成システムを確立し、中長期的な視点を踏まえながら、“健全な”財政運営を行います。

池田たかひさ後援会 〒885-0012 都城市上川東1丁目25-7 TEL0986-57-8805 FAX0986-57-8558 copyright © 2014 TAKAHISA IKEDA. All rights reserved.